どれが一番いいのか

キャッシングを利用する際、銀行、消費者金融、信販、クレジットのどれを選ぶのがいちばん良いのでしょうか。キャッシングは小口の融資というイメージが強いかもしれませんが、キャッシングでも最高500万円程度の限度額を利用できる会社もあるので、どちらかというと大口の部類に入るでしょう。それぞれの特徴を具体的に述べたいと思います。

銀行系のカードローンキャッシングのメリットは限度額が大きく、債務の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという貸付の規制の対象外なところです。限度額についても、フリーキャッシングで1000万円という大金が借りられる商品もあります。次に信販系のローン、キャッシングのメリットは住宅ローンや教育ローンなどの大口で使えるところです。信頼性においては銀行に匹敵するサービスといえます。最後に消費者金融系のキャッシングのメリットは小口で迅速にという目的であればいつでも利用できます。

このように各々メリットがありますので、例えば大口でお金を借りるまで期間の猶予があるのならば銀行や信販系を、小口でお金を借りるまで迅速さを求めるのならば消費者金融を利用するなど、それぞれの計画にあったキャッシングを選ぶと良いでしょう。